産経ニュース

【主張】性犯罪の厳罰化 魂の殺人に法改正必要だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
性犯罪の厳罰化 魂の殺人に法改正必要だ

 性犯罪の罰則について議論を進めてきた有識者による検討会が報告書案をまとめた。強姦(ごうかん)罪の法定刑の下限引き上げや被害者の告訴を不要とする意見が多数を占めた。

 報告書案にもあるように、強姦は「魂の殺人」として被害が一生続く。卑劣で残酷な犯罪に対する厳罰化は、国の姿勢を示す意味でも必要だ。

 強姦罪の法定刑は「懲役3年以上」で、強盗罪の「5年以上」と比べて、その軽さが指摘されていた。裁判員裁判では性犯罪に対して、より重い量刑が選択される傾向がある。国民は強姦などの罪に対して強い処罰意識を持っていることがうかがえる。

 有識者の中には、運用上で厳罰化が進んでいるなら法改正は不要との意見もあったとされる。だが法定刑の設定は、いわば国の意志である。強姦が強盗より刑の下限が軽い現状は理解しがたい。

 また強姦罪は、被害者の告訴が必要な「親告罪」だが、加害者の報復や、事件が公になることで不利益を被ることを恐れて告訴に至らないケースも多かった。海外の主要国は一様に非親告罪化しており、これにならうべきだろう。

「ニュース」のランキング