産経ニュース

【話の肖像画】食生活ジャーナリスト・岸朝子(5)自分で作って家族に食べさせないと

ニュース コラム

記事詳細

更新

【話の肖像画】
食生活ジャーナリスト・岸朝子(5)自分で作って家族に食べさせないと

恩師である“栄養学の母”香川綾の色紙を手に(大西正純撮影)

 〈平成16年に刊行された著書「東京五つ星の手みやげ」(東京書籍)は、豆大福やチョコレート、かす漬けなど東京の老舗や名店を紹介し、30万部を超すベストセラーになった〉

 この本は手みやげとして持っていって、喜ばれたものを紹介したのです。もちろん自分で差し上げたものです。喜ばれるとうれしいでしょう。でも、好き嫌いがありますから。男性はあまり文句を言わないけれど、女性はうるさいのよ。

 まあずいぶん多くの店を取り上げましたね。一軒ずつ見開きで紹介し、一目で分かるように工夫しました。掲載したお店には、それぞれ思い出があります。子供の頃に叔父が着物の懐から出してくれたたい焼きの味、夫が好物だった豆菓子など、私の思い出をコラムとして挿入しています。

 〈その後、甘味処や肉料理、魚料理などシリーズ化。最近では北陸新幹線の開業に合わせて北陸の飲食店や手みやげを紹介したガイド本「金沢・能登の食遺産」(KADOKAWA)の選者も務めた〉

 金沢の本は今年3月に出たばかりです。「五つ星」シリーズと同じような体裁にしています。金沢は、よく遊びに行きました。老舗もたくさんで、品がいいのよ。金沢には金沢の、京都には京都の、それぞれの味があります。父と母が沖縄出身ですから、家では沖縄料理も食べます。日本中、食べ歩きましたよ。

「ニュース」のランキング