産経ニュース

【正論】自衛官に力与える「安保」審議を 帝京大学教授・志方俊之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
自衛官に力与える「安保」審議を 帝京大学教授・志方俊之

 安全保障関連法案の国会審議が始まった。特別委員会の求めがあったとしても、現役の自衛官は事実関係を述べるだけで、法案に関する所見を表明することはない。筆者が自衛隊を退官したのは1992年で23年前のことだから、今の現役自衛官が法案審議をどう見守っているかは全く分からない。

 筆者が退官した時点は国連平和維持活動(PKO)法案が国会で審議中であり、現役の自衛官が活動の対象地となるカンボジアに入ることはできなかった。たまたま自由の身となったばかりの筆者は、首都プノンペンで明石康・国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)事務総長特別代表と面談する機会を得た。

≪「危険の共有」で得た評価≫

 今回の国会審議を見て、筆者は「良い時代」が来たものだと思う。今の自衛官は本当に幸せ者だ。野党のお歴々が現地の自衛官のリスクが大きくなり、場合によっては死者が出るかもしれないと心配してくれる。大いに心配して、現地の自衛隊が戸惑わないような法律にしてほしいものだ。

 カンボジアでのPKOには、参加5原則が付されているからリスクはなかったといえるだろうか。自衛隊が5原則を守ったとしても、相手は神出鬼没のポル・ポト派である。際どいことが何件もあったが、現地自衛隊の指揮官と全隊員が一致団結して危機を乗り越えてきた。

「ニュース」のランキング