産経ニュース

【iRONNA発】先進国で最悪レベル「子供の貧困」 なぜ豊かな日本で解決できないのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
先進国で最悪レベル「子供の貧困」 なぜ豊かな日本で解決できないのか

豊かな日本社会で進行する子供の貧困は、社会全体で考える喫緊の課題である=神奈川県横須賀市の児童相談所 (本文とは関係ありません)

 日本の子供の貧困率は今、先進国の中で最悪レベルにあるという。貧困は、子供の教育機会を奪うだけでなく、豊かな日本社会の将来のツケとして暗い影を落とす。少子高齢化、無縁社会…。わが国の未来は、貧困などの危機にある子供たちに託すしかない。貧困が貧困を生む、この見えにくい現実について考えたい。

 豊かな日本社会なのに子供の貧困問題が深刻化している。昨年、厚生労働省が発表した「子供の(相対的)貧困率」は過去最悪の16・3%に上り、6人に1人の約325万人が「貧困」に該当する。豊かな先進20カ国のうち、4番目の高さにある。

 だが、この6人に1人という数字を見て、疑問を持つ向きもあるだろう。日本は経済大国である。「相対的」というぐらいだから、豊かな日本では貧困であるという基準が高く、このような驚くべき値が出てしまうのではないか。

 この基準、貧困ラインは個人単位の額である。平成24年では年額122万円となるが、子供の場合、単身で暮らすことは少なく、これでは具体性に欠ける。世帯単位に換算してみると、親と子1人ずつの一人親世帯(2人世帯)で年額173万円、月額約14万円、親子4人世帯で年額244万円、月額20万円余りにしかすぎないのである。

このニュースの写真

  • 先進国で最悪レベル「子供の貧困」 なぜ豊かな日本で解決できないのか

「ニュース」のランキング