産経ニュース

【正論】戦勝国の歴史解釈に異議ないか 東京大学名誉教授・平川祐弘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
戦勝国の歴史解釈に異議ないか 東京大学名誉教授・平川祐弘

 大学入試に次の問題が出たとする。

 (1)第二次世界大戦に際して日本のA級戦犯を含む極めて少数の人間が自己の個人的意志を人類に押しつけようとした。

 (2)日本のA級戦犯は文明に対し宣戦を布告した。

 (3)彼らは民主主義とその本質的基礎、すなわち人格の自由と尊重を破壊せんと決意した。

 (4)彼らは人民による人民のための人民の政治は根絶さるべきで、彼らのいわゆる「新秩序」が確立さるべきだと決意した。

 (5)彼らはヒトラー一派と手を握った。

 受験生にも大臣にも議員にも答えてもらいたい。確実に〇がつく正解は日本が「ヒトラー一派と手を握った」という歴史的事実だけではあるまいか。

「ニュース」のランキング