産経ニュース

【主張】原発5基の廃炉 40年運転規制は理不尽だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
原発5基の廃炉 40年運転規制は理不尽だ

 運転開始から40年前後が経過している高経年原発7基のうち、5基の廃炉が決まった。

 保有する関西電力、日本原子力発電、中国電力、九州電力の各取締役会で決定された。

 東京電力福島第1原子力発電所の事故を受けて原発の運転期間が原則40年に制限されたことに導かれた結果である。

 これらの原発に大規模な対策工事を施して運転延長を申請すれば、1回に限って最大20年の延長が認められる可能性はあった。

 にもかかわらず、7基のうち、廃炉表明がなされなかったのは、関電の高浜1、2号機(福井県)だけである。

 その関電も美浜1、2号機(同県)については廃炉にする。今回電力会社の大勢が廃炉に向かった理由の一つはコストの問題だ。

 古い原発は、新しい原発に比べて発電力が小さい。対策工事に1千億円規模の巨費を投じると採算が取りにくいためである。

「ニュース」のランキング