産経ニュース

【異論暴論】正論4月号 朝日報道擁護のからくり

ニュース コラム

記事詳細

更新

【異論暴論】
正論4月号 朝日報道擁護のからくり

「正論」2015年4月号

実証報告 「慰安婦強制連行」虚構拡散の最大責任は朝日だ

 朝日新聞による慰安婦報道の責任問題を総括した独立検証委員会(委員長・中西輝政京大名誉教授)の報告書の詳報。朝日新聞自身が組織した第三者委員会は、一定の批判、問題点を示してはいるが、核心部分、とりわけ朝日報道がもたらした国際的な悪影響に関する追及が甘い。

 独立検証委ではまず朝日報道を「プロパガンダ」と捉えた。これは今まで明確に提示されなかった視点だ。西岡力東京基督教大学教授は「朝日の一番の問題はこのプロパガンダを2014年8月の段階まで明確に取り消し・訂正せず放置し…詭弁(きべん)を弄し、日本と先人の名誉を傷つけたことである」と喝破した。

 朝日報道の対外的影響も福井県立大学の島田洋一教授が500本以上の米紙記事を精読して検証した。

 朝日自身が証言を虚偽だとした「吉田清治」という固有名詞で米紙を検索するなどして「影響は限定的だった」と結論づけた朝日第三者委、林香里委員(東大教授)の調査方法を批判。「名前に言及しなくても、明らかにその証言に依拠ないし参照したと思われる記事は数多く存在する」とした。

「ニュース」のランキング