産経ニュース

【社説検証】裁判員「死刑」判決破棄 朝・読・日は最高裁決定に理解 「先例にとらわれるな」と産経

ニュース コラム

記事詳細

更新

【社説検証】
裁判員「死刑」判決破棄 朝・読・日は最高裁決定に理解 「先例にとらわれるな」と産経

裁判員経験者らが参加して行われる意見交換会。6年目の裁判員制度は課題も少なくない =昨年9月、和歌山市

 これに対し産経は、死刑判決に慎重さが求められるのは当然だとした上で、「先例を重視しすぎていないか」と今回の判断に疑問符を付けた。「裁判員制度は、国民の司法参加により、その日常感覚や常識を判決に反映させることを目的に導入された。過去の公式に当てはめて量刑を決めるなら、制度の趣旨は生かされない」というのだ。

 死刑選択の判断に用いられてきたのが「永山基準」である。連続射殺事件の永山則夫元死刑囚に対する昭和58年の最高裁判決で示され、動機、残虐性、殺害被害者数など、考慮すべき9項目が挙げられた。日経は、最初の2件の被害者が原則死刑回避の1人であることなどから、「最高裁の指摘は、一審の判決はこの基準から外れているということである」と説いた。

 この永山基準の見直しも視野に入れるべきだとの見解を示したのが産経だ。裁判員裁判で期待される「国民感覚や常識」と永山基準に代表される「先例の傾向」の間に距離があるなら、「その理由、背景についての分析、議論を深めることも必要ではないか」と問いかけた。最高裁決定は「従前の判例を墨守するべきであるとはしていない」とも述べているという。

「ニュース」のランキング