産経ニュース

【産経抄】2月15日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
2月15日

 会社の禄をはむ身に、安息の日々はないらしい。何年か前、僚紙夕刊フジ(東京版)のビジネス川柳に秀句があった。〈窓際と言うな今では奪い合い〉。西日が目にしみる年齢はまだ先でも、座席の確保に目を血走らせる御仁(ごじん)は多いかもしれない。

 ▼宝くじに、つかの間の夢を託す人もあろう。お叱りを受けるのを覚悟で、フランスの哲学者アランの言葉を引いてみる。「想像した幸福はけっしてわたしたちの手に入らないことは、確かだ」(『幸福論』白井健三郎訳、集英社文庫)。ごく一部の果報者を除いて。

 ▼幸せの象徴とされる「青い鳥」が、日本で見つかったようだ。日立製作所などが、幸福の量を測定する技術を開発したという。うなずく動作やタイピングなど、人の幸福感に関連する細かな動きを、身につけた端末が感知して「ハピネス度」なる数値に置き換える。

 ▼調査では、「ハピネス度」が平均値を上回った集団で、業務効率が3割以上も跳ね上がったそうだ。人間行動の膨大なデータに裏打ちされた理論といい、職場環境を改める一助になろう。幸福感の要素に「理想の上司」の有無が関与しているかどうかは、聞かずにおく。

「ニュース」のランキング