産経ニュース

【主張】前支局長帰国問題 これが正常な司法判断か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
前支局長帰国問題 これが正常な司法判断か

 これが民主主義と法の支配をうたう国の司法判断なのか。耳を疑う。

 韓国の朴槿恵大統領に関するコラムをめぐり、名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が出国禁止措置の執行停止を求めた仮処分申し立ては、ソウル行政裁判所で棄却された。前支局長の帰国は認められなかった。

 昨年8月に始まる出国禁止措置は期間の延長を繰り返し、すでに半年余りの間、続いている。

 前支局長はソウル中央地裁で行われた3回の公判に出廷し、誠実に対応してきた。今後の公判についても出席を約束し、産経新聞社もこれを保証する上申書を提出した。隠滅すべき証拠もない。

 出国禁止を続行する理由は、どこにもないはずである。

 前支局長は昨年10月、東京本社編集局社会部への異動発令を受けたが、帰国がかなわないため、本来の取材活動に従事することができていない。

 初公判では退廷後に、前支局長を乗せた車を暴漢が取り囲み、卵を投げつけられた。警官や警備員はこれを傍観していた。支局周辺でも右翼団体がデモを行っている。そうした異常で危険な状況に前支局長は置かれている。

「ニュース」のランキング