産経ニュース

【正論】「日米同等」が安保法制の主眼だ 拓殖大学特任教授・森本敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
「日米同等」が安保法制の主眼だ 拓殖大学特任教授・森本敏

 ≪日米をイコールパートナーに≫

 要は、安保法制の目的は日米同盟の片務性(米国には日本防衛の義務があり、日本には米国防衛の義務はない)をどこまで解消して同盟の質を向上し、日米をイコールパートナーにすることができるかということである。さらに「これだと日本は戦争に巻き込まれる」という一部の世論にある心配と、どう調和させるかである。

 しかし今回のイスラム国(ISIL)テロによる邦人人質の事案を見ても、日本だけが安全な状態に身を置くことは到底不可能である。安全保障政策とは将来を展望し、不測の事態に対応できる措置と対策を確実にとることである。

 さらに安保法制の整備は今までと種類の異なるリスクが発生する可能性はある。例えば安保法制に基づいて活動する自衛隊は、新たな種類の任務を実行するのに際し、今まで経験しなかったリスクを負うかもしれない。しかし、現在の自衛隊にこれらの諸活動を効率的に実施できる態勢や体制が整っているわけではない。

「ニュース」のランキング