産経ニュース

【社説検証】邦人人質事件 産「法整備を」読「自己責任も」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【社説検証】
邦人人質事件 産「法整備を」読「自己責任も」

 朝日は「安倍首相の掲げる積極的平和主義も、その中身を再考してみる時期ではないか」と提起し、「自衛隊による在外邦人の救出といった論議に走るときではない」と牽制(けんせい)する。

 対して、既に1月26日付で「テロに対峙するための法を整備する必要もある」と訴えていた産経は3日付で、「海外で危機にさらされた自国民を救出するという国家として当たり前の対応を、日本はとれない」との見地から「必要な事態に自衛隊を派遣できるようにする法整備を考えたい」などと救出の手立てについて詳述した。さらに「国際常識に沿って(憲法)解釈の正常化を急ぎ、将来的には憲法改正で是正すべきである」と踏み込んだ。

 今回の事件を貴重な教訓とするためにも、国会での真摯(しんし)で実りある論戦が欠かせない。(清湖口敏)

                   ◇

 ■「後藤さん殺害」とみられる映像の公開を受けた社説

 産経

 ・残虐な犯罪集団を許すな/対テロで国際社会と連携を

 朝日

 ・この国際犯罪を許さない

 毎日

 ・この非道さを忘れない

 読売

 ・「イスラム国」の蛮行を糾弾する/日本人標的のテロに警戒強めよ

 日経

 ・後藤さんの志を踏みにじる卑劣な犯行

 東京

 ・絶対に許せぬ蛮行だ

 〈注〉いずれも2日付

「ニュース」のランキング