産経ニュース

【産経抄】雪との宿命の戦い 2月4日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
雪との宿命の戦い 2月4日

 真冬の欧州を東に向かっていたオリエント急行は、旧ユーゴスラビア国内で、雪だまりに突っ込んでしまう。止まったままの車内で、乗客の死体が発見された。アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』では、ここから名探偵ポアロの捜査が始まる。

 ▼1日午後に札幌を出た寝台列車「トワイライトエクスプレス」は、積雪のため青森県内で、12時間以上も立ち往生し、乗客約130人が閉じ込められた。幸い車内で殺人事件が起こることもなく、昨日早朝、無事大阪駅に到着した。

 ▼オリエント急行をモデルにしたトワイライトは今年3月に運行終了が決まっており、鉄道ファンから予約が殺到していた。それだけに1泊の予定が2泊になった乗客に、羨望の声も上がっている。

 ▼もっとも、交通の遮断がどれほどの混乱をもたらすのか。昨年2月に関東甲信と東北地方を襲った記録的な大雪で思い知ったばかりである。物流が乱れ、野菜などが品薄になった。孤立状態に陥った地域には、ヘリコプターで物資の空輸が行われた。高速道路で動けなくなった車のドライバーに、製パン会社のトラックが配送中の菓子パンを無料で配った「美談」も、記憶に新しい。

「ニュース」のランキング