産経ニュース

【第31回土光杯】産経新聞社杯「専業主婦を輝かせる税制の創出」法政大学経済学部4年・田中航(わたる)さん

ニュース コラム

記事詳細

更新

【第31回土光杯】
産経新聞社杯「専業主婦を輝かせる税制の創出」法政大学経済学部4年・田中航(わたる)さん

田中航さん(法政大学)=10日、東京・大手町のサンケイプラザ、第31回土光杯全日本青年弁論大会(小野淳一撮影)

「女性の輝きで、煌(かがや)け日本」

 わが国が抱える少子高齢化という社会問題が新聞紙面を飾るようになって長い時間がたちましたが、抜本的解決には至っていません。労働力が不足しているのです。この問題を解決するには、アベノミクスが掲げる「女性が輝く日本」をより進化させ、発展させる必要があります。その一方で、女性の社会進出は少子化の遠因です。そして、そもそも疑わなければなりません。女性の社会進出は絶対正義なのでしょうか。

 「キャリアウーマンになることだけが女性唯一の幸せな道」と宣伝することは女性の生き方を制限することに繋(つな)がりかねません。世界で一番尊い仕事、命を産み、はぐくみ、導く。私は専業主婦という生き方も尊重されるべき輝き方だと申し上げたい。

 女性が輝くためには女性の望みがかなわなければなりません。望むのであれば専業主婦でいられるような、社会を作っていかなければいけません。そのために経済成長が必要となります。かつてのあの素晴らしい日本をもう一度、現代によみがえらせるためには、処方箋が必要です。私はある制度を導入すべきだと訴えたい。「N分N乗方式」という所得税制です。世帯の合計所得を専業主婦や子供の数で割った上で課税するもので、子だくさんの家庭で減税される仕組みです。

 現状の扶養控除を中心とする税制では専業主婦の所得に制限があり、母の価値を母の稼ぎで決める税制度になっています。稼ぐ母も、料理上手な母も、等しく尊い母なのです。そう認める税制の創出こそが専業主婦をより輝かせます。こうした政策の実現により、真に女性の時代の扉が開かれると思います。

「ニュース」のランキング