産経ニュース

【ネットろんだん】ロシア開発の人間型戦闘ロボが大不評 「格好悪い」「すごく弱そう」「なんか違う」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ネットろんだん】
ロシア開発の人間型戦闘ロボが大不評 「格好悪い」「すごく弱そう」「なんか違う」

 ロボット開発というと、日本では産業や医療・介護、コミュニケーションなどの用途が中心だが、軍事大国の一つであるロシアでは、人間型の戦闘ロボットが開発され、プーチン大統領にお披露目された。けれど、このロボットを動画などで目にした日本のネット民らは「なんだか、思ってたのと違う」「格好良くないな」などと微妙な反応だ。

                   

 軍事用の人間型戦闘ロボットを開発したのは、ロシアのモスクワ郊外にある軍事技術研究センターだ。20日にプーチン大統領らが、兵器をはじめとした最先端軍事技術を視察するために訪れた際、披露した。この様子を記録した映像は、世界的な動画サイトであるユーチューブに投稿され、日本国内でも時事通信が紹介記事を配信した。

バギーを運転、射撃も命中

 人間のような形状をした最新鋭の戦闘ロボは大統領が見守るなか、迷彩服姿で四輪バギー(荒れ地走行用車両)に搭乗。金属製の指でハンドルを器用に操り、発車、カーブ、停止など、スムーズな運転を披露してみせた。バギーからは降りなかったため、二足歩行ができるかどうかは不明だった。

 映像にはなかったが、遠隔操作によって自身の指で銃の引き金を引き、銃弾5発を標的に命中させたとも伝えられた。

「ニュース」のランキング