産経ニュース

【正論】日本の大学が世界で勝つ秘策は 神戸大学特命教授・西村和雄

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
日本の大学が世界で勝つ秘策は 神戸大学特命教授・西村和雄

 ≪アジアでの優位も揺らぐ≫

 英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THE)は、研究論文の引用頻度や教員スタッフ1人当たりの学生数など13の要素を基準に、大学に順位をつけた「世界大学ランキング」を昨年10月に発表した。それによると、日本で100位以内に入った大学は、東京大学と京都大学の2校だけであった。

 昨年秋、文部科学省は、国公私立大37校を選び、「スーパーグローバル大学」と銘を打って、大学の国際競争力を高めるための重点的な財政支援を10年間続けることを発表した。トップ型といわれる13大学は世界大学ランキング100位以内を目指すという。

 前述の英教育専門誌は、アジアの大学が順位を上げる中で、今後、日本が優位を維持できるかを疑問視している。その理由を私はこう分析する。

 まずは、教員の質。25年前にも、私は、アジアの大学を訪問したが、その時は、国際的に活躍している学者が多いという印象はなかった。

「ニュース」のランキング