産経ニュース

【から(韓)くに便り】関係再スタートへ、韓国メディアは「日韓協力の真実」伝えよ 黒田勝弘

ニュース コラム

記事詳細

更新

【から(韓)くに便り】
関係再スタートへ、韓国メディアは「日韓協力の真実」伝えよ 黒田勝弘

 韓国の新年のスポーツ紙を日本人が飾っていた。米メジャーリーグのヤンキースから古巣の広島カープに復帰する黒田投手と、中日ドラゴンズの超ベテラン、山本昌投手だ。韓国では近年、日本と逆にサッカーより野球が人気で、とくに若い世代や女性は「野球の方がカッコいい」といっている。野球人気を背景に日本人の2人が注目されているのだ。

 黒田は「必ず戻ってくる」という日本のファンへの約束を守った「義理堅い男」として称賛され、山本昌は「50歳で現役、年齢をアウトにした驚異の男」というわけだ。

 韓国も高齢化時代を迎え、とくに山本昌のようなシニア世代の頑張りには関心が高い。一般紙の中央日報(6日付)でも力投する山本昌のアップ写真がスポーツ面のトップにドーンと掲載されていた。

 韓国人にとっては身近で何か参考になるというのは今もやはり「日本」なのだ。

 これが反日一辺倒と思われている韓国での一方の日常風景である。なのになぜ日本で反韓・嫌韓感情が高潮しているのか、今年は韓国としても“反日国家”のイメージ払拭のために努力してもらいたい。

「ニュース」のランキング