産経ニュース

【産経抄】ヘミングウェイの謎 12月19日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
ヘミングウェイの謎 12月19日

 米国の文豪、アーネスト・ヘミングウェーが、キューバの沖合をヨットで航行中、手こぎボートに乗った老人が、巨大な魚と格闘しているのを目撃する。手助けを申し出ると、「あっちへ行け」と拒まれた。

 ▼ヘミングウェーは老人の様子をじっと見つめて、メモを取っていたという。1952年に発表された『老人と海』は翌年、ピュリツァー賞に輝き、2年後のノーベル賞につながっていく。

 ▼世界を旅してきたヘミングウェーだが、実は人生の後半生の22年間をキューバで過ごしている。『誰がために鐘は鳴る』など、ほとんどの作品もこの国で生まれた。にもかかわらず、キューバ時代のヘミングウェーについては、謎があまりにも多い。解明を阻んできたのはもちろん、米国とキューバの長年の敵対関係である。

 ▼フィデル・カストロ氏が率いる革命軍が勝利を収めたのは、59年だった。翌年に米国に帰国したヘミングウェーは61年、猟銃自殺を遂げる。同じ年に米国は、キューバと国交を断絶する。キューバに配備されたソ連製ミサイルをめぐる、62年の「キューバ危機」は、第三次世界大戦を引き起こす可能性さえあった。

「ニュース」のランキング