産経ニュース

【産経抄】11月29日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
11月29日

 はるか昔、対馬に行ったことがある。そのころは、韓国からの旅行客はほとんどおらず、島の玄関口である厳原ものんびりしたものだった。いまや本紙連載「島が危ない」で紹介したように、目と鼻の先にある韓国から観光客が押し寄せ、わがもの顔で通りを練り歩いているという。

 ▼中には対馬を本来は韓国領だと信じ込んでいる不届き者も少なくなく、つい最近も厳原港で、対馬南署員が釜山行きの船に乗り込む寸前の仏像泥棒を捕まえた。嘆かわしいことに犯人グループには、70歳になる寺の住職も含まれていた。

 ▼韓国では、キリスト教系を名乗る数多くのカルト宗教が跋扈(ばっこ)しているが、仏教よお前もか。仏教では、「四重禁」として出家者に殺人や盗みなどを厳しく禁じている。古希にもなって易々(やすやす)と戒律を破るとは、これまでどんな修行をしてきたのだろうか。

 ▼米国や中国には頭が上がらぬが、対馬や日本に対しては、何をしてもいい、という気分が仏像泥棒だけでなく、韓国社会全体に蔓延(まんえん)している。加藤達也前ソウル支局長の乗った車に生卵をぶつけ、ボンネットに寝そべるなどして走行を妨害したならず者たちもしかり。

「ニュース」のランキング