産経ニュース

【外信コラム】ベルリン物語 そのとき、何してた?

ニュース コラム

記事詳細

更新

【外信コラム】
ベルリン物語 そのとき、何してた?

 「そのとき自分がどこで何をしていたか。誰でもよく覚えている出来事がある。ドイツ人なら、1989年11月9日だ」。先日、取材先のドイツ人男性がおもむろに振ってきた話題は「ベルリンの壁」の崩壊だった。間もなくそれから25年となる。

 男性は当時、親類の誕生日を祝っていたら、テレビでニュースが流れたという。旧西ベルリンの知人女性は「親とシャンパン持参で東ベルリンの人たちを出迎えに壁までいった」と話した。

 著名人がその時をどう迎えたかも興味深い。旧東独で物理化学の研究員だったメルケル首相は当日、サウナに行っていた。帰宅して情報を知った後、人の流れについて西ベルリンに入った。そこで西側のビールを体験したが、「缶ビールで、あまり馴染みのないものだった」という。

 当時のコール首相はポーランド訪問でワルシャワにいたため、ベルリン入りしたのは翌10日だった。いかに旧東独側の「国境開放」の発表が突然だったかをうかがわせる。

 高校生だった記者(宮下)の記憶は定かでない。ただ、90年10月3日のドイツ統一は覚えている。「ドイツは2つ」が当たり前と受け止めていたため、新聞を読んで驚いた。ドイツについて勉強しようと思い立った原点を改めて思い起こす。(宮下日出男)

「ニュース」のランキング