産経ニュース

【産経抄】鴎外の問いかけ 11月5日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
鴎外の問いかけ 11月5日

 江戸時代、京都の罪人は遠島を言い渡されると、高瀬舟で大阪へ送られていた。舟の上であるとき、弟殺しの罪を犯した男から身の上話を聞いた下級役人は、疑問を抱く。男は、不治の病の弟に懇願されて、自殺の手助けをしてやったという。

 ▼「苦から救つて遣(や)らうと思つて命を絶つた。それが罪であらうか」。森鴎外が実話をもとに書いた『高瀬舟』は、教科書にも採用されている。この作品で、「安楽死」の問題に初めて触れた人も少なくないだろう。

 ▼米国人女性のブリタニー・メイナードさん(29)の安楽死が今、米国内外で議論を呼んでいる。脳腫瘍で余命わずかと宣告されていたメイナードさんは予告通り、今月1日、自宅で医師から処方された薬を服用して死亡した。夫や母親とともに数カ月前、カリフォルニア州から、安楽死が認められているオレゴン州に転居していた。2001年に世界で初めて安楽死を認める法律が成立したのは、オランダだった。スイスでも、医師による自殺幇助(ほうじょ)が事実上認められている。

 ▼日本で同じことが行われれば、医師は殺人などの罪に問われるだろう。本人の意思で延命措置を受けずに最期を迎える「尊厳死」を法制化する動きがあるものの、反対の声も根強い。

「ニュース」のランキング