産経ニュース

【大阪特派員】近藤豊和 イスラム圏に捕鯨の理解を IWCの“ジャスミン革命”

ニュース コラム

記事詳細

更新

【大阪特派員】
近藤豊和 イスラム圏に捕鯨の理解を IWCの“ジャスミン革命”

 大阪・ミナミにある老舗の鯨肉料理店「徳家」。先月9日、店内は普段とちょっと変わった雰囲気に包まれた。イスラム圏の人々が鯨の竜田揚げ、ステーキなど初めての珍味に舌鼓を打ったのだ。

 「徳家」ではこの日、イスラム教の戒律に則(のっと)った食物であることを意味する「ハラル」の認証を取得した鯨肉を使った料理の試食会を開いた。「徳家」では調理場の洗浄に通常用いるアルコール洗剤を使わず、油は植物性、しょうゆもみりんを含まないものにした。

 イスラム教徒への配慮だった。イスラム教典は生活様式を示し、豚肉やアルコールなどを避ける。こうした戒律に則ったことをイスラム教団体がハラル認証する。

 「大阪にもマレーシアやインドネシアなどからイスラム教徒の方々が多く観光に来られるようになりました。食い倒れの街といわれる大阪で安心して鯨料理を食べていただくための試みです。みなさん『おいしい』と喜んでくださいました」(「徳家」の女将(おかみ)=代表取締役=の大西睦子さん)

 「徳家」が加盟する「大阪市中央区南商店会連合会」では、イスラム圏の観光客増加を見込んで、イスラム文化の勉強会を今春から度々行っている。

 今回、供された鯨肉のハラル認証を取得したのは、共同船舶株式会社(東京)が所有する調査捕鯨船「日新丸」だ。「日新丸」は鯨肉の加工施設も備え、船内で鯨肉をパック詰めにできる。なぜ、鯨肉のハラル認証を取得したのか。共同船舶の所英樹事業統括本部長は狙いを次のように表現する。

 「ずばり、IWC(国際捕鯨委員会)のジャスミン革命です」

「ニュース」のランキング