産経ニュース

【主張】学力テスト 競争封じる悪弊を見直せ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
学力テスト 競争封じる悪弊を見直せ

 小中学生の全国学力テストで、市町村や学校別成績を順位付けして公表するなど実施要領に反した自治体に対し、文部科学省が結果データの一部を提供しないなどの罰則化を検討している。

 だが順位が分かり競い合ってこそ学力は向上するものではないか。競争を封じる悪弊こそ見直すべきだ。

 きっかけは、静岡県の川勝平太知事が、市町教育委員会の同意を得ずに市町別成績や全国平均を上回った学校の校長名を公表したことだ。

 全国学力テストの実施要領では、市町村別や学校別の成績を公表する場合、順位付けしないことなど配慮を求めている。

 違反した自治体への罰則化は、安易な成績公表によって学校の序列化や過度の競争を招かないよう再発防止のためだという。

 たしかに市町教委の同意を得ずに公表するなど川勝知事のやり方に問題がないとはいえない。地域の実態をふまえ、十分な教育的配慮は当然必要だ。

 しかし、ランキングを嫌っては自校がどの位置にあるのかよく分からない。長所や課題もみえにくくなる。

 平成19年度から現行の学力テストが復活した際も、都道府県別の順位付けに批判があった。しかし上位の秋田県の取り組みが紹介されるなど、順位が分かり活用された効果が大きい。

「ニュース」のランキング