産経ニュース

【主張】集団的自衛権 日米指針に具体策みえぬ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
集団的自衛権 日米指針に具体策みえぬ

 日米両政府が年末に改定する予定の「防衛協力の指針」の中間報告が公表された。

 指針は自衛隊と米軍の役割分担を定める。改定の焦点は、政府が7月に憲法解釈の変更で行使を容認した集団的自衛権をどう位置付けるかだ。

 その具体的な記述が見送られたのは残念だ。これでは、日本を守る自衛隊の活動や日米協力がどう拡大するかのイメージがつかみにくい。

 安倍晋三首相は、集団的自衛権の行使について「日米の連携強化が可能となり、抑止力が飛躍的に向上する」と説明してきた。

 新指針では、日米協力のあるべき姿を明確に示してもらいたい。改定を待たず、政府は丁寧な説明によって国民の理解を広げていくことにも努めるべきである。

 集団的自衛権の具体的記述を見送ったのは、行使の事例をめぐり政府・自民党と公明党の合意が曖昧になっているためだといわれる。調整作業を急ぐべきだが、その際、集団的自衛権の行使はなるべく広く政府に選択肢を与える方向で検討すべきだ。安全保障を確かなものにする上で不可欠だ。

 政府が7月の閣議決定前の与党協議の場で提示した事例集には、邦人輸送中の米艦防護や国際的な機雷除去の掃海、米国へ向かう弾道ミサイルの迎撃などが盛り込まれていた。これらすべてを可能にすべきだ。事例集からの後退は、日本の守りを弱めてしまう。

「ニュース」のランキング