産経ニュース

海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり

海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり

トップニュース

更新

(32)思う存分生き、いい詩をつくりたかった スパイとして処刑された林和

 人気作家、松本清張に『北の詩人』(昭和38年)という作品がある。主人公の詩人、林和(イムファ)(1908~53年)は実在の人物だ。詩集『玄海灘』などで知られ、日本統治時代の朝鮮で、左翼色が強い「朝鮮プロレタリア芸術同盟」(カップ、大正14年結成)の中心人物として活躍、戦後の昭和22年、北朝鮮へ渡っ…【続きを読む】

この特集の写真

  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(32)思う存分生き、いい詩をつくりたかった スパイとして処刑された林和
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(31)朝鮮の文化と習慣を尊重せよ 驚くべき「文化政治」の緩さ
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(30)政治腐敗蔓延の李朝末期 日本は「誠意」を持って「奮闘」した
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(29)清楚たる風姿の妓生 「朝鮮旅行案内記」をたどる
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(28)行け!朝鮮開発には人が要る 近代化に身を投じた若者の記録
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(27)「取り入れる」日本人 朝鮮語の唱歌までつくった
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(26)ハングル普及に貢献した日本人 中国崇拝一辺倒を打破
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(25)日本の官憲に朝鮮語奨励 国境警察隊の8割は日本語理解せず
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(24)警察官の半数近くが朝鮮人だった 映画『望楼の決死隊』に見る実相
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(23)日本官憲を代表して責を負う 平安南道「最後の知事」が残した回想録
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(22)まだまだある北の「日本遺産」 一企業がつくった興南工場
  • 【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(21)日本人が築いた「電力遺産」を食い潰す北朝鮮 

この特集のニュース

「ニュース」のランキング