「パワハラ」告発 健全な体操界を取り戻せ

主張

 恥を知れ、と非難するのもむなしくなる。今度は「お家芸」と呼ばれる体操界の騒動だ。

 リオデジャネイロ五輪女子代表で、2020年東京五輪での活躍も期待される宮川紗江選手が、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長からパワーハラスメントを受けたと告発した。

 宮川選手によると、千恵子氏から「五輪に出られなくなるわよ」などと高圧的に、コーチからの暴力を証言するよう迫られたという。千恵子氏は「脅すための発言はなかった」と反論している。

 女子体操の主力である宮川選手は、秋の世界選手権の代表候補などを辞退した。18歳の選手が、東京五輪に向けた女子の強化責任者を告発するのは異常な事態である。パワハラの有無や問題の背景を究明し、健全な体操界を取り戻さなければならない。

 宮川選手は、師事する速見佑斗コーチから暴力を伴う指導を受けた事実を認めたものの、コーチより「協会の方が恐怖だった」と語っている。

 千恵子氏は長年、強豪朝日生命クラブの指導者として多くの女子五輪代表を育てた。現在指導する選手にも、東京五輪の有望株がいる。代表選考で「選ばれる側」でありながら、女子強化本部長として「選ぶ側」も兼ねる構図はパワハラの温床になりかねない。

 女子体操界は昨年から、才能ある若手を選抜した「2020東京五輪特別強化」というプロジェクトを、千恵子氏の肝いりで行っている。「強化策が不透明」との理由で当初参加を見送った宮川選手は、ナショナルトレーニングセンターの利用を制限されるなど不利益を受けたという。

 他の関係者からは、朝日生命クラブに入るよう勧誘されたともいう。宮川選手は「私を速見コーチから引き離すための、引き抜きではないか」と述べている。

 千恵子氏は否定しているが、影響力をかさに着た不当な圧力があったとすれば、競技団体が守るべき選手選考の公正性さえ揺るがしかねない。

 協会が設置する第三者委員会ではなく、上部組織の日本オリンピック委員会(JOC)が真相究明に乗り出すのが筋ではないか。宮川選手は東京五輪に向け「一からやり直す」と語った。悲痛な訴えをJOCは受け止めるべきだ。