難問残すリーマン・ショック10年 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

正論
双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏

 もうじきあの日から10年となる。アメリカ第4位の証券会社リーマン・ブラザーズが突然、経営破綻した2008年9月15日のことだ。

 ≪生まれ変わったアメリカ経済≫

 たちまち株安が各国に連鎖し、世界経済は大混乱に陥った。この事件をわが国では「リーマン・ショック」と呼び、海外では単純に「国際金融危機」と称する。文字通り100年に1度の金融危機であった。しかし10年もたてば、歴史として扱うことが許されよう。果たしてあれは何だったのか。

 当時のアメリカでは住宅バブルを背景に、サブプライムローンと呼ばれる住宅担保債券が流通していた。高格付けの証券化商品とされていたが、その多くが不良債権であった。やがて金融機関の資産内容が不安視され、リーマン・ショックを契機に、一斉に信用収縮に見舞われることになる。

 アメリカ政府の政策対応は素早く、徹底していた。巨額の不良債権買い取り基金を用意し、金融機関への公的資金注入を行った。連銀は利下げをし、流動性を供給した。さらには数次にわたって量的緩和政策を断行した。ひとつにはアメリカの金融関係者が、それに先立つ日本の不良債権問題をよく研究していたからであろう。

 ニューヨーク株価は09年3月に大底をつけた後、今日に至る長期的な上昇過程に入った。この間にニューヨーク・ダウ平均は、ほぼ4倍になっている。しかるに実体経済は落ち込み、失業率は一時10%にも達する。そして「雇用なき回復」と呼ばれる状況が長らく続くことになった。

 それでも今日のアメリカ経済は3%前後の成長と3%台の失業率に沸いている。その原動力はグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンなど「GAFA」と呼ばれる新興ハイテク企業群だ。アメリカ経済は、危機を契機に新しく生まれ変わった。一連の経済対応は成功したといえるだろう。

 ≪大胆なイノベーションが必要だ≫

 しかしこの間、「銀行は助けてもらえたのに、住宅ローンを抱えた庶民は救済されなかった」という不満は残った。特に繁栄から取り残された白人中間層の間では、エリート層への反感が深まっていく。トランプ大統領誕生の背景には、このときの金融処理が一役買っていたのではないだろうか。

 日本経済について言えば、当時はバブル崩壊の傷が癒えたばかりで、金融システムは比較的健全であった。しかし海外市場の急速な冷え込みにより、輸出主導型の日本経済は大打撃を受ける。08年末から09年頭にかけては、「2四半期連続でマイナス2桁成長」という落ち込みぶりであった。

 特にリーマン・ショック以降、為替が1ドル120円前後から一気に80円台まで円高になったことが痛かった。日本の輸出額は、07年度の85兆円から09年度の59兆円にまで急減する。そこから緩やかな回復が続き、今年度の輸出は危機前の07年度に次ぐ過去第2位の水準に到達しそうだ。

 しかるに日本の輸出品目上位10種類をリーマン以前と比較してみると、1位の自動車以下、半導体等電子部品、鉄鋼、自動車部品などのラインアップはほとんど変わっていない。唯一、「半導体等製造装置」が加わった程度で、この間の変化は乏しい。

 アメリカ経済は危機を契機に生まれ変わったが、日本経済は危機をじっと耐え忍んだといえるだろうか。わが国製造業の努力には頭が下がるが、今後は大胆なイノベーションも期待したい。

 ≪形を変えて続く政治の危機≫

 国際協調の観点から見ると、08年11月にはワシントンで初めての20カ国・地域(G20)首脳会議が行われている。先進国と新興国が手を取り合い、国際金融危機に立ち向かおうとしたのである。

 それから10年後の今日、金融危機は克服されたものの、世界は新たな難問を抱えている。ポピュリズム政治の横行と、国家間対立の先鋭化である。国内の不満をそらすために他国を非難するような政治が常態化し、今や先進7カ国(G7)さえもが内部対立を深めている。こんな状態で、国際的な金融不安が再燃したらどうすればいいのだろう。

 8月にはトルコ・リラが暴落したが、エルドアン大統領は危機に対応するどころか、トランプ大統領との非難合戦を深めるばかり。これでは国際通貨基金(IMF)も手の打ちようがない。国家間の対立が、新興国通貨のリスクを高めてしまっている。

 加えて米中貿易戦争がある。世界第1位と第2位の経済大国が、相互に500億ドルもの輸入品に25%の関税をかけ合っている。これに比べれば、かつての日米貿易摩擦などは児戯に等しい。当時の日本は、アメリカへの報復関税など考えてもみなかったからだ。

 この10年間を振り返ってみると、経済の危機は確かに克服された。しかしその過程において、いつしか政治の危機が広がっていたのではなかったか。リーマン・ショック後の混乱は、形を変えてなおも続いているのかもしれない。(よしざき たつひこ)