【春風亭一之輔の直球&曲球】それにしても大丈夫か、東京五輪? - 産経ニュース

【春風亭一之輔の直球&曲球】それにしても大丈夫か、東京五輪?

会見冒頭、謝罪し頭を下げる(左から)永吉佑也、橋本拓哉、日本バスケットボール協会の三屋裕子会長、東野智弥技術委員長、佐藤卓磨、今村佳太=20日午後、東京都港区(川口良介撮影)
 アジア大会のバスケ日本代表が夜の街で買春し、追放処分になった。落語に出てくる若い衆みたいに勢いづいて「吉原でも行きやすかっ!」「おーともよっ!」というかんじかな。
 公式ウエアのまま…てことはジャージー? ジャージーで遊びに行くなよ。いい若い衆ならもっと乙(おつ)なナリで行きなさいよ。会見で雁首(がんくび)そろえて謝っていた。調子に乗るとあんな辱(はずかし)めを受けるのか…私も気をつけよう。
 それにしても大丈夫か、東京五輪? アメフット・ボクシング・バスケ・居合道…スポーツ界は不祥事だらけ。別にスポーツマンが聖人君子だとは思ってないけど、まぁ、こちらは枕のネタに事欠かなくてありがたい。
 でも『サマータイム』は嫌だ。何のために落語家になったと思ってんだ。はい、朝寝するためです。国や都がたかだか「バカでかい運動会」のために、思いつきで早起きを押しつけんな。刑務所で看守に「起きろっ!」って言われるなら百歩譲って(?)まだいいが、大変な思いして税金払ってるんだから、夏休みくらいゆっくり寝かせろ。
 あと五輪ボランティア…うちの子供が「やりたい」とか言ったら絶対行かせないよ。災害ボランティアは別。クソ暑い中、たかだか「運動会」でタダ働きさせられて命落としたらかなわん。
 労働はちゃんと対価をもらってするものだ。お金を頂いて初めて働いた実感や喜びがわいてくるのだ。24時間テレビでチャリティー呼びかけてる人たちだって、ちゃんと労働の対価はもらってます。だから一生懸命、寝ずに歌ったり走ったりできるのだ。いくらみやぞんだって、ただでは走らない。
 期間中は仕事も授業も休め? 通販買い控えろ? こちとら五輪なんて頼んでないぞ。そんな傲慢さに嫌気が差したひねくれ者の皆さんは、ぜひとも寄席においであれ。落語の世界はボランティアもサマータイムも関係なし。女郎買いは問題なし。
 あ、でも「寄席も休め」って言われたらどうしよう。もう2020年の夏はうどん食って寝ちゃおう。
                   ◇
【プロフィル】春風亭一之輔 
 しゅんぷうてい・いちのすけ 落語家、昭和53年千葉県生まれ。日大芸術学部卒。平成13年、春風亭一朝に入門して朝左久、二つ目昇進時に一之輔を名乗る。24年、21人抜きで真打ちに抜擢(ばってき)。古典落語の滑稽噺を中心に、人情噺、新作など持ちネタは200以上。