【主張】早大の入試改革 理系も国語を必須科目に - 産経ニュース

【主張】早大の入試改革 理系も国語を必須科目に

 私大文系で最難関とされる早稲田大政治経済学部の受験生に、2021年度入試から数学が課せられることになった。
 文科系、理科系を問わず、社会や自然界の事象について理解し、考察するうえで、数学の基礎的な概念と数学的な考え方は不可欠である。
 日本の将来を担う人材育成と高校教育の正常化の観点から、この改革を評価したい。
 現代社会は情報と数字があふれている。人工知能(AI)の進化は近い将来、劇的な社会変化をもたらすと予測され、情報処理と分析力は重要性を増す。その基礎となるのは数学だ。
 ところが、早稲田大をはじめ、ほとんどの私大は文科系の入試で数学を選択科目にとどめ、必須科目としていない。「数学が苦手」という理由で私大文系を志望する受験生は、昔も今も多い。
 高校では1、2年でクラスを振り分け、受験用のカリキュラムを組む学校が多い。私大文系向けクラスでは数学と理科はおろそかにされがちで、「理数離れ」が解消されない原因にもなっている。
 数学を重い負担に感じている受験生からは、敬遠される改革かもしれない。だが、文科系の数学の試験では、難問奇問で受験生をふるいにかける必要はない。
 高校の授業で身に付く範囲の基礎的な概念や考え方を問う「良問」を出題してもらいたい。受験生の負担は過重にならず、授業に身が入るはずだ。
 進学後、経済や政治を専攻する学生も数学は必要なものだ。一時的に受験生が減少しても、長期的にみれば大学にとってもレベルアップにつながるだろう。
 「私大の雄」の改革が他の大学にも波及することを期待したい。並行して、理科系の入試で国語を必須科目とすることも、検討してはどうだろう。
 本を読み、会話をすることで知識を広め、思考を深める。すべての学問の根幹である。ノーベル賞受賞者の白川英樹さん、益川敏英さんらも「日本語で考えることの大切さ」を指摘している。
 最先端の科学研究も土台になるのは国語だ。中でも大切なのは読解力であり、数学的な思考とも密接な関係がある。
 基礎的な数学力、国語力を共有し、文系、理系の垣根を越えた交流を促進すべきだ。その第一歩となる改革であってもらいたい。