6月14日

産経抄

 長編ノンフィクション『いつかの夏』(KADOKAWA)は、読むのがつらい。平成19年に名古屋市で会社員の磯谷(いそがい)利恵さん=当時(31)=が、3人の男に拉致、殺害された事件を題材としている。

 ▼作家の大崎善生(よしお)さんは、母親に女手ひとつで育てられた利恵さんの生い立ちを丁寧にたどっていく。事件に巻き込まれた時、利恵さんは囲碁を通じて知り合ったばかりの恋人と、幸せの絶頂にいた。改めて、残虐きわまりない犯行に対して怒りがこみあげてくる。

 ▼加害者のうち1人はすでに死刑が執行され、2人は無期懲役が確定している。面識のない3人を結びつけたのは、インターネットだった。犯罪の仲間を募る「闇サイト」の存在も、社会に衝撃を与えた。今も犯罪の温床になっている。

 ▼静岡県藤枝市の山中で29歳の女性看護師の遺体が見つかった事件で、県警は監禁容疑で40代と20代の男を逮捕した。2人もインターネットで知り合ったという。防犯カメラの映像によると、女性は先月26日、浜松市のフィットネスクラブの駐車場で自分の車に乗ろうとして、2人の男に押し入られていた。車ごと連れ去られてから、女性の身に一体何が起こったのか。女性の無念を晴らすために、警察は全力を挙げて捜査を進めているはずだ。

 ▼車に引きずり込まれた利恵さんは、顔を粘着テープで巻かれ、金づちで殴られながらも、懸命に生きる道をさぐっていたことがわかっている。銀行カードの暗証番号を教えろ、と脅されると、母親のための貯金を守ろうと、虚偽の番号を告げていた。

 ▼2960。母親は裁判の証人尋問で、「語呂合わせで『憎むわ』という意味」と説明している。人間の皮をかぶった獣たちに加えた、渾身(こんしん)の一撃だった。