【主張】がんゲノム医療 患者第一に堅実な歩みを - 産経ニュース

【主張】がんゲノム医療 患者第一に堅実な歩みを

 がんの原因となる遺伝子変異を調べ、患者ごとに最も適した薬を見つける「がんゲノム医療」が実用段階に入った。
 国立がん研究センター中央病院などが国の「先進医療」の指定を受け、有効な治療法が確立していない患者を対象に始めた。検査と診断の効果や安全性を検証し、1年後をめどに公的医療保険の適用を目指す。
 効果が高く、副作用の少ない薬を選択する試みである。国民皆保険制度のもとで使われるようになれば、データが蓄積され、より合理的な薬剤選択が可能になる。新薬の開発も進むだろう。着実に進めたい。
 現在のがん治療は、がんのできた部位によって決まる。だが、同じ臓器のがんでも、原因となる遺伝子変異は多様で、変異に応じた治療が有効だと分かってきた。
 逆にがんの部位が違っても遺伝子変異が同じ場合もある。例えば肺がんの患者に、乳がんの患者と同じ変異があれば、乳がんの薬が効くかもしれない。こうした薬剤選択も提案できるようになる。
 背景には、ゲノム解析が進み、遺伝子診断のコストが下がったことなどがある。
 課題も多い。検査をしても、薬が見つからないこともある。実際に薬が見つかり、治療を開始できる患者は10%程度とされる。こうした情報は、今の医学の限界として、事前に患者にきちんと説明されなければいけない。
 検査の結果、親子や兄弟姉妹に影響の深い、家族性の変異が見つかる場合もある。結果を知りたくない、という選択も尊重すべきだろう。一方で、知る選択をした人には、親族間でどう情報共有するかも含め、医師や遺伝カウンセラーの支援が不可欠である。
 欧米に比べて日本は立ち上がりが遅れた。皆保険で使うには、全国で均質ながんゲノム医療を受けられる態勢が必要だが、現状はいかにも心もとない。
 厚生労働省は、11の中核拠点病院と100の連携病院を指定し、準備を進める。質の担保は不可欠である。情報管理や社会的な環境整備も課題だ。患者が迷わないようにしてもらいたい。
 がんになった時点で遺伝子変異を調べ、治療法を選ぶ時代がいずれ来るだろう。今はまだ過渡期だ。患者の不安に寄り添い、堅実に進めることが求められる。