6月1日

産経抄

 ベートーベンの「交響曲第9番」が、ウィーンで初演されたのは、1824年の5月だった。すでにほとんど耳が聞こえなかったベートーベンは、聴衆の拍手に気づかず、作品の出来栄えを確認することもかなわなかった。

 ▼この曲はやがてドイツのみならず、「人類の遺産」として世界中で愛されるようになる。とりわけ日本では年末の風物詩として、毎年100回を超える演奏会が開かれる。「第九」にとって、第二の故国といえるだろう。

 ▼その原点をたどると、第一次世界大戦の最中、徳島県鳴門市に開設された板東俘虜(ばんどうふりょ)収容所にいきつく。中国・青島で日本軍の捕虜となったドイツ兵約4700人のうち、千人が収容されていた。

 ▼所長の松江豊寿(とよひさ)は、ドイツ人捕虜の待遇に心を配り、地元民との交流を進めたことで知られる。そのために、軍上層部との衝突も辞さなかった。会津藩士の家に生まれた松江は、父親から戊辰戦争における会津の屈辱を聞かされて育った。だからこそ、ドイツ人捕虜に対して「武士の情け」を示し続けた。

 ▼収容所内では、パンやソーセージが作られ、スポーツや芸術活動も盛んだった。その一つとして、大正7年6月1日に演奏された「第九」が、日本いやアジアでの初演とされる。45人編成のオーケストラに4人の独唱と約80人の合唱団で構成されていた。当然ながら、女声だけは望むべくもなかった。

 ▼ちょうど100年となる本日、収容所跡地近くに建設された鳴門市ドイツ館で、当時をそっくりそのまま再現する演奏会が開催される。捕虜たちが望郷の念にかられ涙を浮かべながら歌った「歓喜の歌」は、今や欧州全体を象徴する歌となった。初めて聞く日本人の心に、どのように響いたのだろう。