【ポトマック通信】スタバで何も買わずにトイレを借りたら… - 産経ニュース

【ポトマック通信】スタバで何も買わずにトイレを借りたら…

 米スターバックスの株主総会で発言するシュルツCEO(当時)=2017年3月、シアトル(AP=共同)
 あなたが飲食店主だとする。何も注文せず店内に居座る男は厚かましくも「トイレを貸してくれ」といい、「出ていってほしい」といっても立ち去らない。まともな人なら申し訳なさを感じて何かを注文し、そうしなければ店員に警察を呼ばれても仕方がないというのが日本では常識だが、米国のリベラルにはこんな議論は通用しないようだ。
 東部フィラデルフィアで4月、コーヒー・チェーン大手スターバックスの店舗にいて商品を注文せず、退去を求められても拒否した黒人2人が逮捕された。その模様がネットに上がると、米主流メディアを巻き込んで「黒人差別だ」というスタバ批判が起きた。
 謝罪したスタバは商品を買わなくても店舗の使用を認め、29日には全米8千店以上を休業して従業員に人権教育を施す。黒人に対する警察の暴力が問題になったことも、アジア系が偏見の対象であることも分かっている。スタバの差別への取り組みは評価したいが、マイノリティーなら何をやっても許されるというわけではないだろう。
 ワシントンのそこかしこにあるスタバの一つを選び、試しに注文の前に「トイレを貸してほしい」とお願いすると、店員が快く場所を教えてくれた。常識人である私はもちろん、アイスコーヒーを買ってから店を出た。(加納宏幸)