【産経抄】5月26日 - 産経ニュース

【産経抄】5月26日

 「北朝鮮が未練たらたらなコメントを出し始めているね」。政府高官は25日、こうつぶやいた。トランプ米大統領が24日、来月12日にシンガポールで開催予定だった米朝首脳会談の中止を表明した途端、それまで強気で会談中止をちらつかせていた北が、手のひらを返して対話を請うている。
 ▼慌てぶりは手にとるように分かる。「われわれはいつでも、いかなる方法でも対座して問題を解決する用意がある」。北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官は25日、こんな談話を発表し、首脳会談の「切実な必要」を訴えた。その9日前には、自ら会談中止を示唆していたのに。
 ▼それどころか北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会報道官は、ペンス米副大統領のことを「ならず者」「人間のくず」とまでののしっていた。揺さぶりで米側の譲歩が引き出せると、過去の成功体験からトランプ氏を甘く見ていたのだろう。
 ▼だが、トランプ政権は一貫して「北朝鮮が会談したくないのなら、構わない」(サンダース大統領報道官)との姿勢だった。トランプ氏は「過去の政権の過ちを繰り返さない」と強調してきた。会談中止で困るのは北の方なのである。
 ▼「会談が実現しなければ次のステップへいく」。トランプ氏はこう明確に述べている。今後、米国は軍事力行使を含む「あらゆる選択肢」を保持しながら、北朝鮮に「最大限の圧力」をかけていくことになる。北は困窮を極め、渇望する体制保証も経済支援も得られない。
 ▼トランプ氏は24日に公開した金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長への書簡で、こうも呼びかけている。「いつの日かお会いすることをとても楽しみにしています」。あれこれ策を弄してみても、正恩氏は結局、降参するしか道はないのではないか。