【主張】スルガ銀の「不正」 業績至上は理由にならぬ - 産経ニュース

【主張】スルガ銀の「不正」 業績至上は理由にならぬ

 女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」の投資トラブルに絡み、静岡県の地方銀行、スルガ銀行が書類改竄(かいざん)などの不正を認識しながら、物件所有者に投資資金を用立てていた。
 暮らしや経済を支える銀行への信頼を、著しく失墜させる行為である。そこには、法令遵守(じゅんしゅ)意識も、それを組織的に徹底するガバナンス(企業統治)も見当たらない。経営責任は重大である。
 社内調査では、融資審査を通すため預金通帳を改竄し、売買契約書の物件価格を水増しする例が多くあった。行員はこれらを問題視せずに融資した。
 つまり、融資審査は機能していなかったのだ。増収増益を続けよという社内圧力が強く、営業部門が審査部門を恫喝(どうかつ)して審査を通すこともあったという。収益至上主義の下で、ずさんな融資が恒常化していたのだろうか。
 不動産会社に勧誘された会社員らが、スルガ銀行の融資を受けてシェアハウスを購入した。だが、話に聞いていたような賃料収入は得られなかった。かぼちゃの馬車を運営したスマートデイズは破綻し、オーナーが負債を抱え込む社会問題となって表面化した。
 行員が業者に対して不正を指示したかどうかなど、肝心な点はまだ確認できていない。それでは実態解明とはほど遠い。同行はさらなる調査を外部の弁護士による第三者委員会に委ねたが、徹底究明が欠かせない。
 今回、金融庁の監督責任が厳しく問われていることを忘れてはなるまい。
 ゆがんだ経営体質を見抜けなかっただけではない。金融庁トップが、個人向け融資中心に高い収益を挙げている同行の事業モデルを礼賛し、「地銀の優等生」のように位置づけていたのだ。
 金融庁は同行への行政処分を検討し、立ち入り検査に入っているが、評価を大きく見誤っていた点について、国民への説明を尽くしているのか。その反省と検証がないままでは、全国の銀行に経営改革を迫りようもなかろう。
 投資する側にリスクを踏まえた行動が求められるのは無論だ。だが、スマートデイズと一体で動いたスルガ銀行の存在が、投資をあおった事実は動かせない。
 地方銀行の収益環境は厳しいが、顧客利益を無視した融資が許されないのは言うまでもない。