武力を背景にしない外交交渉がいかに無力か

宮嶋茂樹の直球&曲球
 中国国営通信新華社が8日に配信した、中国遼寧省大連で会談に臨む中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の写真(新華社=共同)

 何やあの2人、気色悪い、しらじらしい茶番、何回もブラウン管で流すでないわ。何がめでたいんや? 反日ペテン師とテロリストの首魁(しゅかい)の握手。どこが歴史的やて?

 われらが首相が、日本人拉致被害者と家族のために泣く泣く頭下げてまで、南北会談の議題にのせるよう頼んで結局は、共同宣言と称する“ノー書き”に一人の被害者も、いや拉致問題の一行も入ってなかったやん。

 それでも、あの3代目が「いつでも日本と話し合う用意がある」なんて、また聞きして、こともあろうに安倍晋三首相が礼までいうたんやて。どこまでめでたいんじゃ。何をまんまとペテンに引っかかっとんじゃ!。

 相手は売名のためなら歴史を捏造(ねつぞう)するどころか、日本人の命も、北で虐殺され続ける人民のことなんか、棚に上げても恥じん同類やで。

 まだ分からんの? 言うとるわけないやろ。拉致問題のことなんか、ひと言も。

 現に北の新聞は、日本は1億年たっても北朝鮮の地に足を踏み入れることはできん、とコイとるやないか。こっちが本音なんは間違いないやろ。今まで核やミサイルで、さんざん日本にイヤガラセ続けて、ゼニ脅し取ろうとしていた北がやで、その「切り札」捨ててまで歩み寄ろうとするほどゼニに困っとるんやで。あの3代目ひとりを食わすだけで精いっぱいなんや。

 日本人拉致被害者全員を取り返すには今の金王朝を崩壊させるのが一番の近道なハズや。南の大統領も、そんな日本人拉致被害者のことはすっかり忘れても、反日のイヤガラセだけは、しっかりカマしてきよるやんけ。デザートのチョコにまで、わが国の領土・島根県の竹島のシルエットを紛れ込ませとるやん。

 竹島だけちゃうで。あの民族は釜山の日本総領事館前に、懲りずに自称・徴用工の悪趣味な像を建てようとしたやん。「反日」は「南北融和」とともに何をやっても無罪や。

 これからは南北共同で竹島不法占拠をやり出しよるのは必定や。安倍首相、まだ目覚めんか? 武力を背景にしない外交交渉がいかに無力かっちゅうことにな!

                   ◇

【プロフィル】宮嶋茂樹(みやじま・しげき) カメラマン。1961年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に男女の若き海上自衛官を撮った「国防男子」「国防女子」。