産経抄 5月5日 - 産経ニュース

産経抄 5月5日

 毎年5月3日の憲法記念日には、げんなりする光景が目に飛び込んでくる。今年は東京都内で開かれた護憲派集会で、作家の落合恵子さんが、安倍晋三首相とその内閣について訴えていた。「戦争大好き内閣と呼ぶしかありません」「独裁者は自らの欲望のために最後は破滅する」。
 ▼集会のテーマは「平和といのちと人権」だったが、「戦争大好き」「独裁者」と決めつけられた安倍首相の人権はどこへ行ったのか。かと思うと、群馬県高崎市での護憲派集会では、安倍首相をヒトラーに模したコラージュ写真が映し出された。
 ▼写真の説明文は、憲法に自衛隊が明記されるとどうなるかに関し、こう例示していた。「自衛隊が国軍となり世界へ派兵」「米軍の命令で日本人兵士が死ぬ」「高校に制服の兵士がリクルートに」「監視・格差の強化、戦前型の社会」。
 ▼全部でたらめではないか。自衛隊が憲法に位置づけられたら、どうして米軍の指揮下に入ることになり、格差が広がるのか。支離滅裂なだけでなく、制服自衛官への差別・排除意識もにじむ。自分たちと考えが異なる他者にも当然、人権があることが理解できないらしい。
 ▼このほか広島市での同様の集会では、表側が安倍首相で裏側がヒトラーの拳銃を持った人形が登場したという。だが、戦前・戦中の日本も現在の安倍内閣も、組織的なユダヤ人の迫害・抹殺に類することなど全くやっていない。
 ▼政治評論家の故三宅久之さんは、かつてこう語っていた。「9条があるから他国が攻めてこないというなら、台風は日本に上陸するなと憲法に書いてもらいたい」。一部の護憲派の主張は自分本位で、まるで世界が日本国憲法を中心に回っていると信じる天動説のようである。