追悼 西部邁氏 許せなかった「大衆社会の病理」 舛添要一氏

iRONNA発
奈良「正論」懇話会で講演をする西部邁氏=平成22年3月29日、奈良市(前川純一郎撮影)

 今年1月、評論家の西部邁氏が自殺した。自殺をめぐり私淑の2人が幇助(ほうじょ)容疑で逮捕される事態となったが、保守論客の重鎮として日本の論壇に影響を与えた功績は大きい。西部氏が遺(のこ)した「哲学」とはいかなるものだったのか。(iRONNA)

 昭和62~平成元年に東大で起きた教官採用人事をめぐる「東大駒場騒動」で、西部氏と村上泰亮教授、公文俊平教授、それに助教授だった私の4人が辞表を出して大学を去った。

 騒動の発端は、新進気鋭の文化人類学者で東京外国語大助手だった中沢新一氏を、駒場キャンパスにある教養学部助教授に採用しようとしたことだが、推薦したのが西部氏だった。ところが、反対する「守旧派」は正当な手続きさえ踏みにじり、この提案は葬り去られてしまった。

 このとき、西部氏が辞表を出した最大の理由は、この人事を進めた村上教授らに多大な迷惑をかけたというものだった。つまり、他人に迷惑をかけるのを人一倍嫌っていただけに、自殺幇助容疑で逮捕された2人に迷惑をかけることはためらったはずだ。

 守旧派の猛攻撃

 西部氏は「60年安保」当時、全日本学生自治会総連合(全学連)中央執行委員として指導的役割を果たしたが、その後転向し、保守の思想へかじを切る。そのとき、西部氏に浴びせかけられた冷ややかな大衆の目が、彼の大衆への懐疑を生んだものと思われる。

 駒場時代には、政治学と経済学という専門の違いはあっても、西部氏とよく昼食時などに議論を戦わせたものである。特に話題にしたのが、スペインの哲学者、オルテガ・イ・ガセットの『大衆の反逆』で、2人で大衆がいかに信用ならないかを確認し合ったものだ。西部氏はその考えを後に評論集『大衆への反逆』にまとめ、保守主義者として注目を集めた。

 そもそも私が助教授に就いた当時、日本人の集団主義、画一主義、権威主義に辟易(へきえき)としていた。こうした中で、駒場キャンパスは東大の中でも自由な雰囲気があり、優秀すぎたり、個性が強かったりして、本郷キャンパスから放逐された者が集まる「梁山泊(りょうざんぱく)」のようだった。

 この中で、社会科学者の私たちが、社会学や経済学、政治学、社会思想史、国際関係論などと分化した学問を再統合すべく、「相関社会学科」というプラットホームを立ち上げた。そのときの中心が駒場騒動で辞任した西部氏らだったが、守旧派からの猛攻撃にさらされたことは言うまでもない。

 特に西部氏は、ケインズなどの伝統的経済学と政治思想史との連結を図り、新たな分野を切り開こうとしていた。しかし、いつの間にか頑迷固陋(ころう)な教授たちが力を増していたため、私たちは東大を去ったのだ。

 舌鋒鋭く論破

 西部氏はその後、論壇や討論番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)などで、保守主義者としての考え方を遠慮なく披瀝(ひれき)していった。舌鋒(ぜっぽう)鋭く相手を論破するが、語り言葉は長く、冗長となることもあった。

 25年前、カンボジアで国連ボランティアの中田厚仁氏が銃撃され死亡した際のエピソードも思い出深い。このとき、中田氏の父親は、狼狽(ろうばい)することなくほほ笑みを絶やさずに対応した。その態度を批判する一部の論者に対して、厳しく叱咤(しった)したのが西部氏だった。

 悲しみのときに、あのような高貴な姿勢を維持できる人間の素晴らしさ、それに比べてテレビのワイドショーに出演するコメンテーターの低劣さ、それこそが西部氏が許すことのできない「大衆社会の病理」だった。

 現在は大衆迎合主義やポピュリズム、排外的ナショナリズムを自由な民主主義の祖国である米国のトランプ大統領が鼓吹している。そして、欧州でも同じ風が吹いている。まさにファシズム前夜と言ってもよい状況で、自由な民主主義の行方には暗雲が垂れ込めている。西部氏の絶望の深さが、私にはよく分かる。

 西部氏は酒好きで、仲間と朝まで飲み明かすのを楽しみとした。今ごろ、天国で「ファシズム再来前にこの世からおさらばできてよかったよ」と一人酒を楽しんでいるのではないだろうか。

 【プロフィル】舛添要一

 ますぞえ・よういち 前東京都知事。昭和23年、北九州市生まれ。東大法学部卒。東大教養学部助教授などを経て、国際政治学者として活躍。平成13年の参院選で初当選し厚生労働相などを務めた。26年の東京都知事選で初当選したが、28年6月に辞任。近著に『都知事失格』(小学館)。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。