オオタニが米球界を黙らせる日

スポーツ茶論
アスレチックス戦で6回を投げ終え、ベンチでチームメートらと笑顔でハイタッチするエンゼルス・大谷翔平=1日、オークランド・コロシアム(リョウ薮下撮影) 

 “みちのく”の岩手県奥州市に「胆沢城」跡地がある。近くを流れる胆沢川の南側に平安時代の延暦21(802)年、北方民族を“征討”するため、朝廷が征夷大将軍の坂上田村麻呂を派遣して築かせた城だ。

 筆者の実家から約10分の所に位置し、当時多くの軍馬のいななきが聞こえたであろう川沿いの軍事の要衝は今、雑木林やリンゴの木などがあるだけの牧歌的な土地だ。この一帯こそ、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平を生んだ場所である。

 少年時代の大谷のチームの指導者は、左打者ながら左翼に本塁打を量産できる大谷の秘話を次のように語ったのを人づてに聞いたことがある。「彼は右翼後方の胆沢川に次々と本塁打し、球をよくなくした。球は高価で、悲鳴を上げると、今度は川がない左翼へと飛ばす術を覚えた-」

 左翼に“流して”ではなく、“引っ張って”本塁打を放つといわれる「大谷打法」の原点といえる。

 ニューヨーク赴任中の数年前、米国の球場を訪れた元広島の小早川毅彦氏は大谷についてこう話してくれた。「彼のすごさは(投手で忙しく)打撃練習が圧倒的に不足しているのに、打てること」。天才なのだろう。

                 □  □

 大リーグの打者には、強い打球を打つため手首をこねくり回す選手も多い。思わず「負傷するのでは」と心配してしまうほどだ。しかし、ニューヨークで2013年に行われたオールスターゲームで見た左打者の練習風景に衝撃を覚えた。

 この選手は打撃ケージに入ると、投手の球に10球ほど軽く合わせて左への流し打ちを開始。イチロータイプの非力選手と思いきや、今度は右翼席にピンポン球のように次々とほうり込む。手首でなく体を「テコの原理」のようにうまく使うのだ。同年本塁打王(53本)のクリス・デービス(オリオールズ)だった。大谷の柔らかな体の使い方は彼そっくり。大谷の活躍を予感する一つの理由だ。

 投手・大谷はどうか。彼は日本の均質な球と異なり、縫い目が不均等で滑るとされる米国の球に相当苦労している。マウンドの傾斜に加え硬さ対策も課題だ。元ドジャース投手の石井一久氏は米滞在中の14年、硬いマウンドの弊害を筆者に説明してくれたことがある。「子供の綱引きでも、足元の土が硬いと、肘や肩に余計な力がかかる」。1試合で165キロの剛球など100球も投げる投手には大きな負担だろう。

 ただ、野茂英雄、佐々木主浩、松坂大輔、ダルビッシュ有、岩隈久志、田中将大、上原浩治など、日本の一線投手は軒並み成功している。米国の環境に慣れれば問題ないのではないか。

                 □  □

 実は、オープン戦で大谷が苦労する姿を半ば面白がって眺めていた。日本であれだけの実績を残し能力を持つ選手がもがき、苦しむ-。2本の刀を切れ味たっぷり磨く必要があるためだが、一流の素材が世界からキラ星のごとく集まる米球界で前代未聞の挑戦をし、野球にうるさい米国人を黙らせる姿を見てみたい。

 実は、彼が“二刀流を断念する日”にも興味を持っている。「投げたら160キロ出るやつにピッチャーを辞めろとはいえない。バッティング練習でバンバン、バックスクリーンにほうり込むやつにバッターを辞めろとも言えない」(元ヤクルト監督の古田敦也氏)という異能の選手が二刀流を断念した日、格段と進化するであろう“一刀流”が披露されるからだ。(外信部次長 黒沢潤)