3月14日

産経抄

 かつて日本人は、地域によって異なる種類の桜を楽しんでいた。古来桜の名所として知られる吉野山を抱える近畿地方では、なんといってもヤマザクラである。

 ▼「願わくば花の下にて春死なむその如月の望月の頃」。こんな辞世の句を残すほど桜を愛した西行法師も、旅の途中で目にしたかもしれない。紀伊半島南部で群生する早咲きの桜が、ヤマザクラとは違う品種であることがわかった。約100年ぶりに発見された、国内で10種目の野生種となる。三重や和歌山にまたがる熊野地方にちなみ、「クマノザクラ」と名付けられた。

 ▼テレビのニュースで、各地の桜の開花予想や桜前線が話題になるようになった。花見のシーズンも目前である。この場合の桜はほとんどの場合、ソメイヨシノを指す。なにしろ現在、日本の桜の8割を占めている。

 ▼幕末から明治にかけて園芸が盛んだった染井村(現在の東京・駒込)の植木師が、「吉野桜」として売り出したのが最初とされる。花付きがよく成長が早いため、急速に全国に広まった。一斉に咲いて散る性質も、日本人好みといえる。

 ▼もっとも近年、その弱点も指摘される。接ぎ木による栽培によってすべての木が同じ遺伝子を持つため、病気が流行しやすい。特定外来生物である「クビアカツヤカミキリ」が、木の幹を食い荒らす被害も相次いでいる。このため各地で、「ソメイヨシノ離れ」も起きているという。

 ▼熊野地方でも、植栽後60年以上たったソメイヨシノをクマノザクラに植え替えようと、苗の育成が始まっている。確かに鮮やかなピンク色の花が特徴の桜は、観光の目玉になり得る。ソメイヨシノ一辺倒から他品種の桜へと、歴史回帰の転換点を迎えているのかもしれない。