貴乃花親方の負った傷…「力士の勲章」か、致命傷か 2月4日

産経抄
広報部に張り出された理事候補選挙選挙結果=2日、東京・両国国技館(撮影・戸加里真司)

 相撲に「顔の傷は力士の勲章」という格言がある。顔をかばい、相手より先に手をつけば負けになる。傷を負っても顔から落ちよ、と。平幕時代の貴乃花親方(元横綱)は格言を地で行く相撲で勝ったことがある。

 ▼顔をすりむいた当時10代の若者に父で師匠の藤島親方は「力士の仲間入りだ」と喜んだという(『貴花田』ワニブックス)。土俵の美学はしかし、処世万般に通じるものでもない。不利といわれた選挙である。「かばい手」ならぬ不戦敗で傷を負わない手もあった。

 ▼日本相撲協会の理事改選で敗れた貴乃花親方に、嘆息する好角家は多かろう。周囲の制止を振り切っての出馬だといい、同じ一門の親方から「ついて行けない」と見かぎる声も出たと聞く。かつて「将来の理事長」と目された人も、この黒星で負った傷は浅くない。

 ▼誰よりも強い発信力を持ちながら、元横綱日馬富士の暴力事件はもとより、この選挙でも沈黙を貫いたのはどうしたことか。部屋のウェブサイトに載せた声明文は改革への熱意をつづるのみで、角界をどう変えるのか何一つ語っていない。負けるべくして、だろう。

 ▼力士が自らの太鼓腹を開いて手術しようとするものの自覚症状が乏しく、どこが悪いか見えていない。それが相撲協会である。貴乃花親方が組織の非を鳴らしたところで、横綱時代と同じ「黙して語らず」の姿は角界の常識に縛られた一人にすぎないことを物語る。

 ▼父の先代貴ノ花は「技に心が脈打っている」と評された気骨稜々(りょうりょう)の名大関だった。実績では父を超えた「平成の大横綱」だが、テレビカメラの前で見せた謎の笑みからは、脈打つ心が読み取れなかった。選挙で負った深手は、いつか報われる向こう傷か。手当ての及ばぬ致命傷か。