元ポルノ女優に口止め料?『野外便所のように汚い…」トランプ氏のスキャンダル噴出も、報道の自由あってこそ 1月15日

産経抄
トランプ米大統領(ロイター)

 人気アニメ「ムーミン」の舞台となるのはどこの国? 大学入試センター試験の「地理B」の出題が話題を呼んでいる。「フィンランド」の正解を得られなかったのか、一部の受験生がインターネット上にぼやきの声を寄せている。

 ▼「まだまだ知られてないんだな」。ムーミンの公式ツイッターは、「反省」の姿勢を示した。これを機に、日本で「ムーミンの国」のイメージが定着すれば、フィンランドとしても大歓迎だろう。

 ▼逆に「野外便所のように汚い国」などと、決めつけられてはたまらない。トランプ米大統領が先週、ホワイトハウス内の会合で、カリブ海の国ハイチやアフリカ諸国を誹謗(ひぼう)した発言のひとつとされる。原文の「shithole」は、米国では放送禁止用語に当たるらしい。

 ▼各国メディアも、あまりに下品な言葉を翻訳するのに苦労したようだ。本人は発言を否定しているが、同席していた上院議員の証言もある。言い逃れは難しい。アフリカ諸国の国連大使らが、非難の共同声明を出すなど、反発の声が国際社会に広がっている。

 ▼トランプ氏については、かつて性的関係を持ったとされる元ポルノ女優に対し、顧問弁護士が13万ドルもの口止め料を払った、との報道もある。来月下旬には、トランプ政権の内幕を暴露した『炎と怒り』の日本語版が発売される。もっとも一連のスキャンダルの噴出は、報道の自由が保障されているからこそ、でもある。独裁国家ではあり得ない。

 ▼評論家の石平さんによれば、中国では習近平国家主席の「個人崇拝・神格化」の動きが急速に進んでいる。幼稚園児が習氏の演説を聞かされ、公園ではお年寄りが習氏をたたえる歌を歌う。どちらの社会が健全なのか。言うまでもない。