窓枠落とす米海兵隊もあれだが、沖縄の紙面も異常や 中・朝・沖…あっ読めたで

宮嶋茂樹の直球&曲球
沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校の運動場に落下した米海兵隊のCH53E大型輸送ヘリコプターの窓。周囲には割れた窓の破片が散らばっている=13日(宜野湾市提供)

 オイオイ!またかいな…米海兵隊のヘリも、よりによって小学校に窓枠落とすか。10月の牧草地への不時着火災に続いての重大事故や。あの知事の鬼の首とったみたいな顔が見えるようやで。ワシもこの事故取材で沖縄におるけど、地元紙は事故の大特集、1面から3面まで、さらには裏1面まで使うて役所がまいたへたくそな写真ベタベタと…。ワシ、いよいよ米軍が北朝鮮空爆開始したんかと、びっくりしたがな。

 いやいや誤解せんといてや。ワシは今回の事故は、「たいしたことはない。うやむやにしてもエエ」なんて言うとんのちゃうで。たとえ風圧で転んだとしてもケガはケガや。かすり傷や心的外傷ストレス障害(PTSD)でも児童にも怖いんやろ。

 せやけどや、(地元紙が)全段ブチ抜くほどか? 「米軍異常事態」とも報じとったけど、この紙面も異常やで。「世界一危険」とも言われる伊丹空港の近くで離陸した直後のKLMオランダ航空機がパネル落としたときはこんなに騒いだか? 普天間飛行場を「世界一危険」とまで誇張するんやったらやで。今こそ辺野古沖への移設を急ピッチで進めるべきやろ。事故を起こしたヘリが古くて危険と説くならば、何で新型の輸送機・オスプレイへの転換を求めんのや?

 辺野古沖への移設を遅らせた張本人、鳩山由紀夫政権を担いだ民主党のなれの果ての野党各党もや、内ゲバと憲法の言葉遊びやっとるヒマあるんやったら、辺野古沖で工事妨害やっとる連中や外国勢力排除に手伝いに来んか? え? ルーピー・元首相と連帯して「最低でも県外」ってまだ言うとるの?

 米軍は沖縄県の尖閣諸島に中国人民解放軍が上陸してきたら、日米安保条約に基づいて、わが自衛隊とともに戦う、とアメリカ政府も明言しとるんやで。その尖兵となる海兵隊をおとしめて、県外へ追い出す戦略か? 今、日本海沿岸は毎日のように押し寄せる北朝鮮の漂流船への対応で大変なことになっとるんや。対処すべき海保は尖閣周辺にも巡視船も保安官も割かねばならず、てんてこ舞いや。あっ読めたで…中・朝・沖がグルやったんや。

                  ◇

 【プロフィル】宮嶋茂樹

 みやじま・しげき カメラマン。1961年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記をとらえたスクープ写真を連発。写真集に男女の若き海上自衛官を撮った「国防男子」「国防女子」。