NHK会長、予算問題陳謝「重く受け止めている」

NHK放送センター=東京都渋谷区
NHK放送センター=東京都渋谷区

NHKがインターネット配信できる番組の範囲を定めた実施基準で認められていない費用約9億円を令和5年度予算に盛り込んでいた問題で、NHKの稲葉延雄会長は1日、衆院総務委員会理事懇談会に出席して「会長として重く受け止めている。誠に申し訳ない」と陳謝し、経緯を説明した。

予算案策定当時にNHK会長だった前田晃伸氏(78)は同日、共同通信の取材に対し「(来年3月に)BS放送を1波削減するのだから、サービスの質の低下を招かないために先を見据えて準備をするのは当然のこと」と話した。

問題となったのは、同時配信サービス「NHKプラス」にBS番組を加えるための設備調達などの予算。関係者によると、前田氏の下、来年春からの配信を目指し、NHK内部の検討チームを昨年7月に設置。そこでの議論を踏まえ、稟議で決まったという。

総務相、NHKに適切な運営要望 ネット予算問題

【検証NHK】ビジョン見えぬ「改革」、続く外部会長頼み



会員限定記事会員サービス詳細