沖縄県が対策本部設置「国と連携して対策を」 北ミサイル通告に警戒

沖縄県の玉城デニー知事
沖縄県の玉城デニー知事

北朝鮮が「衛星」と称する弾道ミサイル発射を通告したことを受け、沖縄県は29日、玉城デニー知事を本部長とする危機管理対策本部を設置した。午後に対策本部会議を開き、玉城氏が各部局長らに「国や関係機関との連携を密にし、的確な情報収集と対策に全庁あげて取り組んでほしい」と指示した。

北朝鮮のミサイルは沖縄県の先島諸島上空を飛ぶ可能性があり、自衛隊の地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)部隊が与那国、石垣、宮古の3島に展開している。

玉城氏はこの日、県民に対し①情報に注意すること②Jアラートなどが発令したら屋内に避難すること③万が一近くに落下した場合は近づかず警察などに連絡すること-を呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細