身柄確保の男は市議会議長の息子か 長野・中野市の立てこもり事件

長野県警察本部=長野市
長野県警察本部=長野市

長野県中野市で男が猟銃を発砲するなどし、警察官ら3人が死亡した事件で、26日午前4時半すぎ、捜査員が屋外で男の身柄を確保した。

長野県警によると、男は青木正道・市議会議長(57)の息子で、現場は青木議長宅。立てこもり現場の近くで倒れて救助できていなかったけが人は、意識不明とみられる。

事件は25日午後4時25分ごろ、長野県中野市江部で発生。男は現場近くに住む村上幸枝さん(66)を刺した後、通報で駆け付けた警察官に発砲し、住宅に立てこもった。県警によると、いずれも中野署の玉井良樹警部補(46)、池内卓夫巡査部長(61)が死亡した。


猟銃発砲、警官ら3人死亡 市議長宅で立てこもり

長野の立てこもり事件、容疑者の身柄確保


会員限定記事会員サービス詳細