山川が登録抹消 西武はWBC組が不在に

西武の山川穂高内野手
西武の山川穂高内野手

西武の山川穂高内野手が10日、出場選手登録を外れた。9日に平和リース球場で行われたソフトバンク戦の先発メンバーに入ったが、一回の守備にも就かずに交代した。松井監督によると、練習中に下半身に強い張りが出たという。

山川はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に日本代表として出場。リーグ開幕後は打率2割6分9厘、0本塁打、1打点。WBCで右手小指を骨折した源田壮(そう)亮(すけ)内野手も2軍調整が続いており、西武の日本代表組はともに1軍不在となった。

山川、先発入りも守備就かず交代 「下半身に強い張り」

会員限定記事会員サービス詳細