小西氏サル発言に安倍派幹部「とんでもない発言だ」

自民党安倍派の塩谷立会長代理
自民党安倍派の塩谷立会長代理

自民党安倍派(清和政策研究会)の塩谷立(しおのや・りゅう)会長代理は30日、立憲民主党の小西洋之参院議員が週1回の開催が定着している衆院憲法審査会を念頭に「毎週開催は憲法のことなんか考えないサルがやることだ」「野蛮だ」などと発言したことについて「とんでもない発言だ」と述べた。党本部で開いた派閥総会後、記者団に語った。

塩谷氏は総会に先立つ幹事会で、小西氏の発言に対する批判が出たことを明らかにした上で「衆院がだいぶ怒って『なんとかしろ』と言っているようだが、淡々とやるしかない」と述べた。

別の安倍派幹部は「小西氏を参院憲法審の野党筆頭幹事から差し替えるぐらいしないと、衆院側は納得しないのではないか」と語った。

「サル」発言で立民幹部「党の考え方ではない」

小西氏、憲法審の毎週開催「サルがやること」「蛮族の行為」



会員限定記事会員サービス詳細