性的少数者を処罰対象に ウガンダ議会が法案可決

LGBTQと自認することを犯罪とする法案について議論するウガンダ議会=9日、カンパラ(ロイター=共同)
LGBTQと自認することを犯罪とする法案について議論するウガンダ議会=9日、カンパラ(ロイター=共同)

アフリカ東部ウガンダの議会は23日までに、個人がLGBTQ(性的少数者)と自認することを犯罪とする法案を可決した。エイズウイルス(HIV)感染者の同性と関係を結ぶなどの「重度の同性愛」に対しては、最高で死刑を科すとしている。法案可決は21日。ロイター通信などが伝えた。

アフリカでは30以上の国が同性愛行為を禁止しているが、LGBTQであること自体を処罰対象とする法律はこれまでないとみられる。法案は同性愛の「促進」も違法と規定。LGBTQを支援する人権団体の活動が取り締まりの対象となる恐れがある。

国連のターク人権高等弁務官は22日の声明で、法案を「差別的」と非難し、法として成立させないようムセベニ大統領に法案への署名自重を求めた。ただムセベニ氏は過去に「同性愛者はおぞましい」と発言。法案支持の姿勢も明らかにしており、法制化は避けられない情勢となっている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細