首相「侵略は国際秩序揺るがす暴挙と痛感」 ウクライナから帰国

ウクライナほか2カ国の外遊を終え出邸する岸田文雄首相=23日午前、首相官邸(春名中撮影)
ウクライナほか2カ国の外遊を終え出邸する岸田文雄首相=23日午前、首相官邸(春名中撮影)

岸田文雄首相は23日、ウクライナの首都キーウから帰国し、官邸で記者団に「侵略の現場を自分の目で見て、悲惨な体験をされた方から直接話を聞いた。ロシアによるウクライナ侵略は国際秩序を揺るがす暴挙だと痛感した」と訪問を振り返った。その上で、5月に広島市で開く先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)の成果につなげたいとの考えを示した。

首相は「法の支配に基づく国際秩序を堅持しなければならないとの思いを新たにした」と強調。「この経験を踏まえ、G7広島サミットの準備を進めていきたい」と述べた。

首相は20日にインド・ニューデリーでモディ首相と会談した。その後、安全上の観点から事前に日程を公表せずにチャーター機でポーランドへ出発。21日、ポーランドから鉄道でウクライナに入った。

首都キーウでゼレンスキー大統領と首脳会談を行い、エネルギー分野などで新たに4億7千万ドル(約620億円)の無償支援や、殺傷能力のない装備品3千万ドル(約40億円)の拠出を表明。5月のG7広島サミットにゼレンスキー大統領を招待し、オンラインでの参加が決まった。岸田首相の訪問により、すべてのG7首脳がウクライナ入りした。

首相は22日、ポーランドに戻り、モラウィエツキ首相と会談し、ウクライナ訪問にあたっての協力に謝意を伝えた。23日朝、チャーター機で羽田空港に到着した。23日午後の参院予算委員会に出席し、ウクライナ訪問について説明する。

岸田氏訪問、ウクライナに大きな意義 「タフな首相」との声も

米大使、岸田氏ウクライナ訪問「歴史的」 習氏訪露は酷評



会員限定記事会員サービス詳細